2010年12月29日

足の裏のツボを刺激する前におすすめのマッサージ

足の裏へのマッサージ、つまり足の裏のツボを刺激するその前に、まずは足の裏をやわらかくすることからはじめていきましょう。
足の裏が硬いままでは、いくらツボに刺激を与えたところで苦痛にしかなりません。
足の裏をやわらかくしてやれば、ちょっとでこぼこしたところを歩いただけでも、十分にツボ刺激の効果を得られるようになるのです。
また、このマッサージをするときにマッサージオイルなどを使用すると、すべりがよくなって、スムーズにマッサージができるようになります。


では、そのマッサージの方法をみていきましょう。
非常に簡単な方法なので、ぜひ皆さんも一度実践してみてください。


まずはじめに、親指と人差し指でくるぶしのすぐ下のところをつまんで、もみこむようにマッサージを施していきます。
この方法で足の裏全体をやわらかくもみほぐしたあと、指先に少し強めに力をこめて、土踏まずから身体の外側に向かってマッサージをしていくのです。
posted by アマミヤ at 12:52| これぞマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

人によっては意外と難しい!?頭皮マッサージの方法

マッサージの動作には「さする」、「揉む」、「押す」、「叩く」といったものがあります。
「さする」と「叩く」の2つにおいては、やりすぎると頭皮が傷ついてしまったり、炎症を起こしたりする可能性があるので、頭皮には控えたほうがよさそうです。
荒川区 マッサージでするメニューは、これをよくするんですけどね。
「揉む」ことと「押す」ことが、頭皮マッサージにはおすすめです。
特に「揉む」ことを重点的に行っていきましょう。


手の指の腹を使って、頭皮を揉みほぐしていきます。
「揉む」と言うよりは「つかむ」と言ったほうがイメージしやすいでしょう。
5本の指で、大きなボールを上からつかもうとするような感じです。
このとき、頭皮を傷つけないように爪を立てないようにしましょう。


頭皮がやわらかいと簡単にできるマッサージ 練馬なのですが、すでに頭皮が硬くなってしまっている人にとっては、意外と難しいマッサージと感じるかもしれません。
ですが、このマッサージを続ていれば、大半の人が、頭皮がやわらかくなったと実感して、育毛に役立っていると感じています。
posted by アマミヤ at 13:46| 頭皮マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

リフレクソロジーサロンへは、このときに行くべし!!

食後すぐには、リフレクソロジーを行うのはおすすめできません。
働いている人だってリフレクソロジーを受けたいと思うのに、仕事の都合上、なかなかそうもいかないということも少なくないのではないでしょうか。
そういう人には、お昼休み開始と同時にサロンへ行くことをおすすめします。
予約が可能なサロンなら、前もって予約を入れておきましょう。


ある程度でも効果を実感するには、40分程度の施術を受けましょう。
お昼休みが1時間あるとすれば、40分のコースを受け、残りの20分で昼食をとれば、お昼休みのうちに心身が癒され、すっきりするというものです。


仕事で営業をしている人は、リフレクソロジーを効率よく取り入れています。
営業の仕事といえば、足が棒になって心身ともに疲れきってしまいがちです。
そうしたことからか、お昼過ぎのリフレクソロジーサロンでは、営業マンの方が施術を受けていることが少なくないそうです。


なので、平日の休みを利用する方や主婦の方には、空いていそうでそうでもないお昼過ぎにサロンへ行くより、午前中のうちに行くことをおすすめします。
posted by アマミヤ at 16:15| 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

盲点になりがちな背中のマッサージ

自分で背中を見ることがそうないだけに、お肉がついてもなかなか気づくことがありません。
しかし、背中は意外とお肉がつきやすく、それでいて目立つところなのです。
セルライトマッサージをして背中のこりをほぐし、リンパの流れをスムーズにしてやれば、肩こりにも効果があるので、ぜひとも行って欲しい部分です。


それでは、背中のセルライトマッサージの方法の紹介に移りましょう。


・まんべんなく背中を握って押す
両手の5本の指を使って、背中のお肉を握って押していきます。
手の届く範囲を握っては押し、その後で離すの動作を繰り返しましょう。


・まんべんなく背中をさする
右手は左から右へ、左手は右から左へと、左右交互に手を動かしながら、背中を手のひらでさすっていきます。
少しずつ手の位置をずらしながら、まんべんなくさすっていきましょう。


・背中のお肉をつかんでもみほぐす
腰を捻って、両手の5本の指で背中のお肉をつかみ、左右交互に手を移動させてもみほぐします。
上記のさする方法と同様、少しずつ手の位置をずらしながら行いましょう。


・背中を手の届く範囲でたたく
少しだけ前にかがみ、手のひらの真ん中を軽くくぼませて、両手を使って背中を交互に、リズミカルにたたいていきます。
手の届く範囲でかまわないので、まんべんなくたたきましょう。


いずれも、それぞれ1分ずつ行えばOKです。
posted by アマミヤ at 13:26| これぞマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

目のクマを消していくマッサージ法

目のクマも、マッサージでなくしていくことができます。
その方法を、今回はご紹介します。


目のクマへのマッサージは、マッサージにおける専門家やメイクアップアーティストの考え方によって、やり方が異なってきます。

・マッサージ法その1
両手の薬指を使って、下まぶたの目尻から目頭、上まぶたの目尻への順番で、まぶたのふちをぐるっと一周させます。
これを2、3回ほど繰り返しましょう。

・マッサージ法その2
目尻へ向かっているラインに沿って、指を下から上へと動かし、こめかみのところで指を下へと動かしていって、リンパの流れ老廃物をに乗せてやる方法です。

・マッサージ法その3
下まぶたでは、目尻の方から目頭へ向かって指を動かし、鼻筋を上へ上っていき、上まぶたでは、指を下まぶたの正反対の方向で動かし、リンパに老廃物を乗せるという方法です。

メイクアップアーティストによると、いずれの方法でも、3か月ほどで目のクマに変化があらわれてくるそうです。
焦らず、じっくりと目のクマのマッサージをしていきましょう。
posted by アマミヤ at 19:46| 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。