2010年09月21日

便秘の種類

ひとくちに便秘と言っても原因により何種類か存在します。
便秘対策をするのなら、ぜひとも覚えておきたことですので紹介しておきます。

・弛緩性
 便秘の人の3分の2が該当するのが機能性便秘である弛緩性便秘です。
 これは腸のぜんどう運動が弱いために起こります。
 排便を我慢することで、便意を感じられなくなってしまったというのもここに入ります。
 内臓下垂やアトニー、運動不足も原因となりますね。
 老人に多い便秘もこのタイプです。
 食物繊維を多く摂取したり、水分をとるなどするのが効果的です。

・けいれん性
 こちらも機能性便秘となります。
 体の機能そのものに問題がある便秘であり、常に便秘の状態が続くのが特徴です。
 ストレスなどで腸の緊張が高まり、けいれん性の収縮を起こし、腸の内容物の動きを妨げてしまい起こります。
 便秘の後に下痢が起こることもありますね。
 腸に刺激を与えるタイプの便秘薬は、かえって症状を悪くするので気をつけてください。

・一過性
 一時的に起きる便秘です。
 生活リズムに変化があった場合などに起こります。
 例えば、引越、転職、旅行などですね。
 大抵の場合は、元の生活リズムに戻るか新生活に慣れれば自然に解消します。
 また、タンニンを多く摂ったせいで便が硬くなり、一時的な便秘になることもあります。

・症候性
 大腸の病気が原因となって、腸の内容物が動きにくくなっている便秘です。
 大腸ポリープ、腸の癒着、大腸がん、大腸憩室炎などがありますね。
 腸閉塞、腸捻転なども原因となります。
 妊娠によって腸が圧迫されることも、症候性便秘に含まれます。
 これらはまずお医者さんに相談することが先決ですね。
ラベル:健康 便秘
posted by アマミヤ at 15:28| 便秘対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。