2010年12月15日

盲点になりがちな背中のマッサージ

自分で背中を見ることがそうないだけに、お肉がついてもなかなか気づくことがありません。
しかし、背中は意外とお肉がつきやすく、それでいて目立つところなのです。
セルライトマッサージをして背中のこりをほぐし、リンパの流れをスムーズにしてやれば、肩こりにも効果があるので、ぜひとも行って欲しい部分です。


それでは、背中のセルライトマッサージの方法の紹介に移りましょう。


・まんべんなく背中を握って押す
両手の5本の指を使って、背中のお肉を握って押していきます。
手の届く範囲を握っては押し、その後で離すの動作を繰り返しましょう。


・まんべんなく背中をさする
右手は左から右へ、左手は右から左へと、左右交互に手を動かしながら、背中を手のひらでさすっていきます。
少しずつ手の位置をずらしながら、まんべんなくさすっていきましょう。


・背中のお肉をつかんでもみほぐす
腰を捻って、両手の5本の指で背中のお肉をつかみ、左右交互に手を移動させてもみほぐします。
上記のさする方法と同様、少しずつ手の位置をずらしながら行いましょう。


・背中を手の届く範囲でたたく
少しだけ前にかがみ、手のひらの真ん中を軽くくぼませて、両手を使って背中を交互に、リズミカルにたたいていきます。
手の届く範囲でかまわないので、まんべんなくたたきましょう。


いずれも、それぞれ1分ずつ行えばOKです。
posted by アマミヤ at 13:26| これぞマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。