2011年09月22日

ルフィの顔が怖かったあの頃

ワンピースが子供の頃から、大好きで集めているのですが、
いやはや面白いですね。

自分的には、アーロン編が一番心を燃やしました。

「やりすぎだ。クソゴム。」

と、いって、アーロンがルフィの首に噛み付くところは
もう、この世(ワンピースの中での)の終わりかと思いました。

初めは、ルフィの目が怖くて、手が出せなかったのですが、
読んでみてびっくり。

何でこんな面白い物を読んでいなかったのだろう?
と、後悔したのは言い思い出です。
posted by アマミヤ at 16:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。