2010年09月29日

便秘による疾患

便秘になると様々な身体の不調が現れる可能性があります。

・肌荒れ
 大腸の中に不要物質が長時間たまっていると、腸壁から毒素が再吸収されてしまいます。
 これが、吹き出物ようなカタチで顔に出たりします。
 特に鼻の周りやアゴのあたりに良く出るようです。

・気力低下
 それほど意識していなくても、身体に不調があるのでイライラしたり、逆に無気力になったりすることもあります。
 文字通りスッキリしない状態なわけですね。

・食欲不振
 排出されずに溜まっているわけですから、当然、新しく食べる欲求も低下してしまいます。

・口臭
 内臓疾患で起こりやすいですね。

・腸閉塞・腸捻転
 毒素の再吸収は腸自体にダメージを与えます。
 最悪の場合、急性の腸閉塞や腸捻転を引き起こすこともあります。

[PR]
出張マッサージ 東京
マッサージ 東京
ラベル:健康 便秘
posted by アマミヤ at 16:15| 便秘対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

便と便秘

人間は口から入った食べ物を消化吸収することで栄養を取り入れていますね。
この食べ物のカスが、大便として排出されます。

口から肛門までは、一本の長いチューブのようなもので、総称して消化器官と呼びます。
食べ物は口から入り、食道を通って胃に運ばれます。
胃では、食べ物はさらにどろどろに溶かされます。
その後、十二指腸を経て小腸へ送られます。
小腸では、栄養素や水分が吸収され、大腸で残ったものから水分が吸収され、便の形に近づいていきます。
腸内細菌の働きで、栄養分の再吸収も行われますね。

最終的に、便は直腸に送られ、その反射が脳に情報を伝えます。
脳が情報を受け取ると、便は肛門から排泄される仕組みになっています。

この便の中身は、消化されずに残った食べ物のカスのほか、腸内の細菌、胃腸からの分泌物、腸壁からはがれ落ちた細胞なども含まれます。
一方、便が腸内にとどまる時間が長いほど、便の水分は奪われ、硬い便になったりします。

肛門は、意志と関係なく働く内肛門括約筋と意志の力でコントロールされる外肛門括約筋で管理されています。

直腸に便がたまり、腸内の圧力が高まると、脳にその刺激が伝わり、便意が起こります。
自動的に内肛門括約筋は開きますが、最終的にトイレで出せる状態になるまで、外肛門括約筋が肛門をひきしめて、便を出すことを止めます。
便秘が続く人の場合、便意を我慢して、便を出したいという体の反射が起こりにくくなるのです。

便意を感じるシステムは、意志の力ではコントロールできません。
この反射的な感覚が失われると、便秘になってしまうのです。
ラベル:健康 便秘
posted by アマミヤ at 18:02| 便秘対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

便秘の種類

ひとくちに便秘と言っても原因により何種類か存在します。
便秘対策をするのなら、ぜひとも覚えておきたことですので紹介しておきます。

・弛緩性
 便秘の人の3分の2が該当するのが機能性便秘である弛緩性便秘です。
 これは腸のぜんどう運動が弱いために起こります。
 排便を我慢することで、便意を感じられなくなってしまったというのもここに入ります。
 内臓下垂やアトニー、運動不足も原因となりますね。
 老人に多い便秘もこのタイプです。
 食物繊維を多く摂取したり、水分をとるなどするのが効果的です。

・けいれん性
 こちらも機能性便秘となります。
 体の機能そのものに問題がある便秘であり、常に便秘の状態が続くのが特徴です。
 ストレスなどで腸の緊張が高まり、けいれん性の収縮を起こし、腸の内容物の動きを妨げてしまい起こります。
 便秘の後に下痢が起こることもありますね。
 腸に刺激を与えるタイプの便秘薬は、かえって症状を悪くするので気をつけてください。

・一過性
 一時的に起きる便秘です。
 生活リズムに変化があった場合などに起こります。
 例えば、引越、転職、旅行などですね。
 大抵の場合は、元の生活リズムに戻るか新生活に慣れれば自然に解消します。
 また、タンニンを多く摂ったせいで便が硬くなり、一時的な便秘になることもあります。

・症候性
 大腸の病気が原因となって、腸の内容物が動きにくくなっている便秘です。
 大腸ポリープ、腸の癒着、大腸がん、大腸憩室炎などがありますね。
 腸閉塞、腸捻転なども原因となります。
 妊娠によって腸が圧迫されることも、症候性便秘に含まれます。
 これらはまずお医者さんに相談することが先決ですね。
ラベル:健康 便秘
posted by アマミヤ at 15:28| 便秘対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

便秘解消、腸セラピー

便秘に悩む人は多数います。
特に女性は多いですね。
そんな便秘対策として有効なマッサージのひとつが、腸セラピーです。

腸セラピーとは単純に言えば下腹部のマッサージですね。
大腸、小腸、骨盤付近を手で揉み解して、刺激を与えたり柔軟にしたりすることで、お腹の機能を正常に戻そうということです。
一般的にお腹の具合が悪くなれば、お腹を摩りますよね?
要はあれのしっかりやった版なわけです。

施術はお店に行ってします。
専門店もありますが、一般のお店でもメニューのひとつとしてあったりしますので、興味があればインターネットなどで探してみるといいですよ。

腸の働きが正常になれば、便秘の改善というだけではなく、消化機能や代謝が高まるので、ひいては体質改善にも繋がりますし、ダイエット効果も期待できます。

ただし、必ずしも一度の施術で効果が出るというものではないので、そのあたりは店舗のほうで確認してくださいね。
posted by アマミヤ at 20:07| 便秘対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。