2011年06月24日

冷え性改善にリンパマッサージ

冷え性は血液の流れがスムーズでないことから起こりやすいのです。
ですから血の流れをよくすることがとても効果的といえます。

血行を良くしたいのなら、リンパマッサージがおすすめです。
リンパマッサージはリンパの流れだけでなく血液の流れも良くしてくれます。

もちろんリンパの流れを良くするので毒素の排出にも役立ちます。
マッサージで筋肉がほぐれるのも効果的です。

リンパマッサージを上手く利用して冷え性対策を行いましょう。
posted by アマミヤ at 12:00| 冷え性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

冷え性を解消するツボ

冷え性の解消には、ツボ刺激が効果的です。

今回は、自分で出来る
「つぼ」マッサージを、ご紹介したいと思います。

・三陰交(さんいんこう
足の内側のくるぶしの頂点から、
指3〜4本分上に位置しているツボです。
親指を使って、このツボを
5秒ほど押してから、ゆっくりと離して下さい。
冷え性の解消だけでなく、生理不順など、
様々な婦人病にも効果的なツボです。

・湧泉(ゆうせん)
足の裏側にあるツボで、
土踏まずの中央よりも、少し指よりにあります。
親指を使って、5秒ほど押してゆっくりと離して下さい。

◆大阪のマッサージ情報
@マッサージ 大阪を鶴見区の付近で利用したい方はクリック

◆東京のマッサージ情報
A出張マッサージを五反田の付近で利用したい方はクリック
ラベル:冷え性 ツボ
posted by アマミヤ at 11:25| 冷え性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

食事の面から冷え性対策

冷え性対策を食事の面から見てみましょう。

食べ物には体を温めるものと冷やすものがあります。
これは食性と呼ばれます。
体を温める食べ物の代表的なものは、冬に収穫されるものや、寒い地域でとれるものに多いですね。
逆に、南国でとれる作物や夏に旬をむかえるものは、体を冷やすことが多いです。
うまくできてるものですね。
なので、冷え性の人は、体を温める食べ物を積極的に摂るのが原則です。

と言ってもそればかり食べると言うわけにもいきません。
もし、体を冷やす食べ物をとる場合があれば、煮たり炒めたりして熱を加えたりしあmしょう。
体を温める作用のあるものと一緒に食べて、上手に食性のバランスをとることも大事です。
また、もっとも体を冷やすのは、合成保存料や着色料などの化学物質といわれています。
ですので、みそやしょうゆのように毎日使う調味料だけでも、添加物の少ないものを使うように心がけたいものですね。

ところで、ダイエット中で食事の量を極端に制限している人や生活が不規則で食事の時間がバラバラだという人はいませんか。
食事の量が不足すると、体の中で熱が十分に作られません。
また、不規則な食生活は胃腸に負担をかけるため、消化吸収が悪くなり、冷えを招いてしまいます。

こういった場合に万能な食品はありません。
効果があるからと言って、そればかりを食べていると栄養がかたよったり、体の変調を招く危険性もあります。
冷え性対策に万能の食べ物はありませんので、いろいろな食品をとることが、冷え解消への近道と言えます。
ラベル:冷え性
posted by アマミヤ at 19:03| 冷え性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

冷え性の予防

季節によって気温に大きな差がありますよね。
人間の体は、夏に比べて冬は多くの熱を作り出すなどして、温度の変化に合わせるようにできています。
体内の環境を整える細やかな調節機能というわけです。
ところが、現代社会では、職場や通勤電車などの、冷房・暖房といった人工的な環境のもとで長時間過ごすことが多くなりました。
それにより調節機能が低下してしまうのです。
さらに、空調管理がされた室内から一歩出ると、また温度差が激しいというわけにもなります。
この急激な温度の変化を一日に何度も繰り返すことで、自律神経に変調をきたし、その結果、冷え性につながります。
過剰な冷暖房を見直して、冷えを予防することも大切ですね。

また、冷え性の原因として見逃せないのがストレスです。
過剰なストレスは、心だけでなく体にとっても非常に負担が大きいものなのです。
ストレスが溜まると、自律神経の働きが乱れ、血液循環や腎臓の機能も悪くなってしまいます。
難しいことかもしれませんが、なるべくストレスをためないようにしたいものですね。
ラベル:冷え性 健康
posted by アマミヤ at 16:44| 冷え性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

なぜ冷えが起きたのか

冷え性が原因で体調が悪いのではなく、体に疾患があるので冷えを感じるということがあります。
つまり冷えを感じさせるような病気が隠れている可能性があるということです。
冷えのほかにもいくつかの自覚症状が見られるのが普通です。
少しでも疑いがあれば、病院で検診を受けた方がいいかもしれませんね。

全身に血液を送り出すポンプの役割を果たしているのが心臓です。
その心臓に疾患が出れば、ポンプとしての力が弱まり、体の末梢部分まで血液が行き渡らなくなることで、冷えを感じることがあります。

甲状腺の機能が鈍ると、むくみや疲労感、だるくてしかたがないといった症状が出ます。
また、全身が冷えて寒がりになるなどの症状もあります。

貧血は血中のヘモグロビンの量が減ることです。
たちくらみやめまいが代表的な症状ですね。
しかし、血流が悪くなるため、手足が冷えることもあります。

免疫システムの異常によって起こる膠原病。
全身性エリテマトーテスや強皮症などが代表的なものです。
手足の冷えや、レイノー現象を起こすことがよくあります。

レイノー現象とは、急激な寒さにさらされるて、手先の指が白や青、赤色になる現象のことです。
ラベル:冷え性 健康
posted by アマミヤ at 17:39| 冷え性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。